2009年06月27日

再びウルムチ(続き)



あんまりお腹すいてないけど、とりあえず試食だ!と昼めしる。

ウルムチ


青島で見る羊肉湯(ヤンロウタン)とは全然違う〜
ナンがふやけすぎて、食べてるうちにどんどん膨らみ、ちょっとウッ…となる。
ウルムチ


ちょっと具が多めの拌面(バンミェン)
ウイグル語では「ラグメン」と言い、羊肉と野菜のぶっかけ麺。絶対トマト風味。

ウルムチ

手打ち麺が美味しい。
けど、やっぱ全部食べられへんかった…ごめんなさい。


露店のザクロジュース。一杯二元。
これはディスプレイ用らしく(やっぱり)ホントはその場で絞ってくれる。
ウルムチ


なんと情熱的な赤。
ウルムチ


絞るマシーン。ペットボトル入り10元を買う。
ウルムチ

このジュースで後ほど大変な事に…



ハミ瓜
ウルムチ


生ぶどう
ウルムチ


ナン
ウルムチ


よく見掛ける一般的なナン。
ウルムチ


こんなのも
ウルムチ


こんなのも
ウルムチ


こんなのも
ウルムチ


平べったいのもある
ウルムチ


せっかくなので、新彊ウイグル自治区博物館へ行ってみた。

自治区内で発掘されたミイラが展示されており、乾燥した地域なのでミイラの保存状態が良く、(知らんかったけど)有名な「楼蘭美女のミイラ」があるという。

ウルムチ

ウルムチ

開館は9:30〜19:30
切符販売は18:30まで。

ギリギリ見れなかった…(涙)

なにしに行ってん…自分…


街中で馬車がいた。
ウルムチ


posted by M嬢 at 17:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ 中国:ウルムチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

ウイグルの人となり

何処に行っても「現地の人々との心暖まるふれあい♪」など全く期待していないが、ここ新彊では結果的に楽しかった事が多かった。


その美しく神秘的な容貌は、見てるだけでも楽しく、ちょっとうらやましかったりしたものだ…


そんな人々をかいつまんでみました。


ウルムチでもまた出ました、量り売りおやじ。
彼の名前はマリオに違いない。

ウルムチ


アラビアンナイトに出て来そうなナイフ。
ウルムチ


彫刻を見つめるおじい。
ウルムチ


コートが一緒に見えるので後ろ姿だとスカーフでしか判断出来ない図。
ウルムチ


スカーフいっぱい売っています。
服とのコーディネートも楽しそう。
ウルムチ


一人、姿勢良く立っていた女性。
ウルムチ

こんな巻き方もアリやな〜と感心。



青空肉屋(モチロン羊肉)のにーちゃんたち。
ウルムチ

「撮ってイイ?」と聞くと快く承諾してくれた。

んでもってデジカメのプレビュー画面を見せると

「やっぱオレの方がイケメンやな…」
「いやお前はヒゲが汚いだろ!」

と小競り合い。おもろい。

「オレもオレも!」とどんどん人が寄って来る。

ウルムチ

楽しい人達だわ。

posted by M嬢 at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ 中国:ウルムチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

再びウルムチ観光

天池にも一応行ったし次は敦煌へ向かって出発。


昨日のタクシー親父がホテルまで迎えに来てくれた。約束通りだ。まだ空は暗い中、普通に乗り込む。

ウルムチ地窩堡(ディーウォバオ)空港に向かっているものと思い、ちょっと眠たいのでウトウト…市の北西7kmなのですぐ着くと思いきや…引き続きウトウトしていると…


オヤジ、給油しとる。



ん?と思い「どこ行くん?空港やで」と言うと

オヤジ「あれ?トルファン行くんちゃうん?」



ΣΣ( ゜Д ゜;)



目が点とはコレ如何に。

そりゃ昨日天池に行く時に「トルファンにも行きたいんだよね〜」としゃべっていたが…ハッキリ行き先を告げなかった(と思われる)のも反省。





という事で飛行機にも乗り遅れ、引き続きウルムチにもう一泊する事に...


- - - - - - - - - - - -



ま、ちゃんと観光もしてへんし、とりあえずはのんびりしましょうと思えば…


ウルムチ、思ってた以上に大都会だわ。

人が集まるトコには中国人の大好きなダンス系ミュージックは流れてるし、その辺の中国地方都市と変わらんわ。

それでもこんなお店もアリ
ウルムチ


原爆ドームにそっくりな建物もアリ
ウルムチ


チキンも野放し、無法地帯。
ウルムチ


とりあえずウルムチのバザールにも行ってみた。
ウルムチ

ここは全く面白く無く、観光客騙しの売店ばっかり…


観光らくだも発見。
ウルムチ



初めて新彊名物の手抓飯(ショウジュアファン/羊肉と人参と玉葱のチャーハン)を食べてみた。ウイグル語では「ポロ」と言うが、我々はずっと「手づかみメシ」と呼んでいた。

ウルムチ


こんな大釜で作っているのだ。
ウルムチ


人参は分かるけど、この黄色いモン何や?と思ってたら

ウルムチ

これも人参らしい。
普通のオレンジ人参と比べても味は差不多(チャーブドゥオ/大体同じ)だ。

隣りに羊肉串(ヤンロウチュアン)を作るオヤジも。
ウルムチ


羊肉、生々しいわ…
ウルムチ


てろんとした包子(バオズ)も。
ウルムチ

ナンの上に避難してるのがカワイイ♪
少し体調が悪かった為この包子は食べてない…

ごはん食べたら「ここで手ェ洗え」と言われる。

ウルムチ

街中には何かと簡易水道が多く、ウイグル族は清潔好きと見た。
後ろのスカーフ巻いた女性がオシャレだわ〜


清潔つながりで、簡易シャワーも発見。
ウルムチ


簡易便器も売ってた。
ウルムチ

ちょっと欲しい…



posted by M嬢 at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ 中国:ウルムチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

再びウルムチへ 〜天池〜

再びウルムチへ向かいます。

さようならカシュガル…
カシュガル空港、滑走路の美・マイベスト10に入るわ…
天池


いざ乗り込む。

垂直尾翼のロゴマークは南方航空の本社・広州市の花、綿花らしい。
新彊も綿花で有名…合併合併で新彊地区を飛ぶ事になったのも何かの縁なのか…?

天池

ウルムチに舞い戻る。
天池

世界でも最も内陸に位置する都市ウルムチ。自治区として中国最大の面積。
漢族、ウイグル族、カザフ族、モンゴル族、回族など42の民族が自治区内で暮らしているがその中では大都会のウルムチ。

そんなウルムチ市、北西7kmのウルムチ地窩堡(ディーウォバオ)空港に到着。

ううっ
カシュガルと違って天気悪い…

ウルムチ滞在はこの一日しか無い為、天気悪いけど「天池(てんち)」へ行く。

その辺の流しのタクシーをとっつかまえて「天池、多少銭?」訳)天池なんぼで行くん?、と聞く。往復で確か300〜400元で交渉したような…覚えてナイ。



天池とは…

新彊天山天池
The Heavenly Lake of Xinjiang

ウルムチの北東約90kmに位置し、2007年に国家旅遊局AAAAA級風景区にもなった風光明媚な景勝地。モンゴル語で聖なる山を意味するボゴダ峰(標高5445m)の中腹、湖の奥には万年雪を頂くボゴダ峰を望む事が出来る。山の緑と湖の青のコントラスト。
中国のスイスと呼ばれているらしい。

ん???
確か青島(チンタオ)も中国のスイスというキャッチコピーがあったような…

正面
天池

ここに行くまでに区間車票(ひとり35元)取られる。んでもって入場料がひとり90元。

やっぱ天気悪い…
天池

煙ってる…
天池

登りはもちろんロープウェイですよ、ええ。
天池

登山道?が見える。
天池

車道?も見える。
天池

という間に頂上へ到着。

到着後、肝心の天池までは徒歩20分くらいかかる為、電気自動車に乗って出発を待つ。

後ろを見るとイモを喰らうオヤジが
天池

季節と時間によって冷える天池、ここでも軍大衣はレンタル出来るのだ。


電気自動車に揺られて…到着!

ジャーン!

天池

ここがお約束の撮影スポット。

全く見えぬ。

天池

この霧。

天池

パンフレットによれば、天池は春夏秋冬いずれも楽しめる要素が一杯らしい。

天池

うん、確かに美しい。

とりあえず「天池に来て楽しく遊んだ」図。
天池

ここでも電波は通じるらしい。
天池


…さてと。

寒いのでとっとと降りよう。



下りのロープウェイが人で一杯だった為、歩いて降りる。

天池

霧はずっと晴れない様子。
天池

近くに滝大好きのオヤジがいて、湿った空気とチョロチョロの滝に大はしゃぎしている。

こんな滝はマニア垂涎らしい。
天池

「いっぱい撮って〜」と訴えられる。
天池

そして、比較的大きな滝に着いた。

ここで滝好きオヤジ大興奮。

まるで恋人を見るような目付きで滝をウットリと見つめ「是非一緒に撮りたい!」と懇願するので撮ってあげた。

その図↓
天池

大好きな恋人と写る割に機嫌悪そうだが、本人曰く「ワクワクドキドキ♪」らしい。

下るのは早い。40分程で着いた。

水車
天池


このタクシーが頑張ってくれました。

天池

タクシーの親父もイイ味出していたので、次の日の空港行きも迎えに来てもらう事に。


ウルムチで泊まったホテル。
- - - - - - - - - - - - - - -
ウルムチ南航国際飯店
Kempinski Hotel Urumqi

烏魯木斉 沙依巴克区 友好南路576号
TEL:0991-6388888
FAX:0991-6388792
- - - - - - - - - - - - - - -

どういう繋がりなのか、南方航空とケンピンスキーの合弁ホテル。
ケンピンスキーとはいえやけに安い♪

天池

天池





posted by M嬢 at 19:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ 中国:ウルムチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

ウルムチ経由カシュガル行

カシュガルまで一直線に行きたいところが、飛行機の関係でウルムチに一泊しないといけない。

市内付近まで出て「適当なホテル無いですか?三ツ星くらいでいいんですけど。」とタクシー運ちゃんに他力本願で連れてってもらう事にした。

タクシー運ちゃんは地元に精通している為、さぞ色々な情報をお持ちだろう、と私は思っているので、安心して乗る。

旅行中に運ちゃんに話しかけるのは楽しい。「この辺で美味しいラーメン知りません?」と、まるで運転出来る執事として御利用させて頂く事が多い。執事、欲しい。

但し、イイ人と悪い人の差が激しいからあまり期待しない事。それがチャイナクオリティ。

うたた寝していると「ココはどうやー!」と運ちゃん。
着いたのかしら?



オイッ!!!!!
最低でも三ツ星や、て言うてるのにまったく聞いておらず。

どう見ても星はないだろココは…という、ホテルというか旅館だな。(中国の旅館とはカプセルホテル並みの狭さとコインロッカー並みのうす汚さを合わせた感じ)

ため息をつきながら遠くを見回すと、最近の中国でじわじわ増殖しつつある「コギレイなビジネスホテル」を発見。

ココにする!もう探すのもめんどくさいわ!

A家快捷酒店
www.akkainn.com

青島〜カシュガル

日本のビジネスより大分広い。これはリーズナボー♪

次の日。

まだ夜が明ける前にカシュガルに向けて出発。

ウルムチ空港…うす暗いです。

青島〜カシュガル

初めて乗る海南航空。
青島〜カシュガル

トロピカルな別の機体発見。
青島〜カシュガル

思えばウルムチまでは南方航空で来た。

北なのに何故南方航空が飛んでるの?と思いきや、
2002年に北方航空&新彊航空が南方航空に併合されたらしい。

カシュガルまでは海南航空。

北なのに何故海南航空が飛んでるの?と思いきや、
2007年に海南航空、新華航空、山西航空、長安航空の4社が統合されたらしい。

※これで中国で4番目に大きい「大新華航空」グループとなる。
ちなみにトップ3は「中国国際航空」「中国南方航空」「中国東方航空」グループ。

このように中途半端に地域性を盛り込んだ航空会社だと併合などされた時に非常にややこしい。今後は「中国空中航空」とか「中国雲の上航空」とかにした方がいいと思うわ。

シリーズ「世界の飛窓」より、ルートから天山山脈と推測。
青島〜カシュガル

この海南航空。

機内でスッチーを中心に「皆で仲良くストレッチ♪」を強要したり(気がつくと機内に軽快な音楽が)、空中彩票(コンジョンツァイピィァオ/空中宝くじ)を配ったりとなかなか素っ頓狂なサービスが売りらしい。ちなみに宝くじは外れた。

カシュガル到着!

青島〜カシュガル

きたきた…
青島〜カシュガル

ウイグル語
キタ――――(゚∀゚)――――ッ!!!!

青島〜カシュガル

もちろん読めないよ。

10月初旬というと、中国では休日でも日本では普通に労働時間。

物流を生業としているツレには日本から電話がかかりまくりです。
遠くても電波は飛んでるのね〜

青島〜カシュガル

カシュガルには特に素敵なホテル♪が皆無なので、その辺の三ツ星に泊まる。
名前も場所も忘れた…

青島〜カシュガル

薄暗いヨ…
青島〜カシュガル

カシュガルの探索に向かいます。

posted by M嬢 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ 中国:ウルムチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。