2010年03月03日

元宵節

先日、糖球会(タンチウホイ)の際に書き忘れたのですが、



春節(旧暦1月1日)後の最初の満月の夜は元宵(ユエンシャオ)と言うらしく

旧暦1/15は元宵節(ユエンシャオジエ)と言うのです。






中国では盆と正月に分かれていないのでこの旧暦新年あたりに一気に盛り上がりをみせる。

普段一元にケチる人達もここぞとばかりに爆竹を鳴らしまくる。

花火を打ち上げる輩も。





どこまで盛り上がっとんねん(怒)


と途中から腹が立ってしょうがない…








ということで元宵(もち米の粉で作ったお団子)を食べる日です。

地方によっては材料や調理法も異なり園宵、湯園(タンユエン)とも言うらしい。






元宵に関しては一年中冷凍モノがスーパーで売られているのですが、毎年この季節になると生の元宵が手に入り、もちろんそっちの方が美味しいと思いきや、


実は冷凍のほうが美味しい。


と我は思う。







個人的意見。

・何種類かあるけど黒芝麻(黒胡麻餡)と八宝(黒白胡麻、胡桃餡その他)を3:7で。
・小粒よりも大粒。
・苺餡、チョコ餡などは邪道。
・何個入りかで包装されているものよりかやっすい計り売り。
・ジャスコよりかカルフール。






という事でカルフール冷凍モノを買うのが普通やったのですが、

ここ最近、計り売りの元宵が売ってない!!!!!


それも「思念(スーニェン)」ブランドの計り売りが一番美味しかったのにーーー!!







そこで、冷凍食品の元宵コーナーにて「思念」の元宵を発見。


↓これが廉価版

元シャオ

ジャッキーチェンがイメキャラらしいわね。





↓高級版

元シャオ




なんぼか忘れたけど、高級版の方が数が少ない上、値段もだいぶ高い。


でもやっぱり高級版の方がだいぶ美味いのだ♪

やっぱり八宝(バーバオ)が一番美味しいなーーーと思う。





おまけ。

元宵節の夜に百歩以上歩いたら、一年中元気に健康にいられて、病気にかからないという説があるらしいです。



posted by M嬢 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 青島┗ 食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

青島ビール新製品

新製品とは言うても今年、2009年5月頃に発売になった「奥古特」ビール。

いつもアバウトでごめんなさい。





「おっ!これは何ですかね〜試飲しなきゃね〜♪」

と買ったはいいが、妊娠発覚した為に未だにお家の冷蔵庫に眠っております。




こう言うと「お酒飲んでないのね、模範妊婦だわ♪」と、言われた事も無いけど、確かに初期は飲んでいません。キッパリ。





そして現在は「安定期イェー!」とちょくちょく頂いておりますが、ほどほどにしております。キリッ!




ベタなチンピーとは違って高級感漂うパッケージ。

奥古特








チラシにもワタシ高いのよ?臭がぷんぷん。

奥古特







箱買いです。

奥古特



というのも…




一箱買ったら水筒一個プレゼントなので。

奥古特

売場のにーちゃんに「もう一個頂戴♪」とおねだり、二個もらった。

この融通がきくトコロがチャイナのいいトコロ♪







こんな感じ。

奥古特




肝心のお味ですが、甘めでサッパリ、喉ごしスッキリ、の美味さ。

よく言えばドイツの白ビールに似ている。

好みが分かれる銀河高原ビールな感じ?かしら。ワタシは結構好きな味だわ。





という事でメリークリスマス♪










posted by M嬢 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 青島┗ 食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

kujikujiディナー

たまにはタイムリーな話題もおひとつ。

青島ではアジアンダイニング&スイーツでおなじみのkujikuji。


ダンナさんが広東系シェフ、奥さんがパティシエ、そして二人共職人気質の為、全く商売気が無いのが気になる所だが、味は絶品である。



お店のブログを読んでいたらとても微妙なギャグを飛ばしまくっていていささか心配になる時もあるが、美味しいから許そう。でもこのくだらなさは結構好きだ。



そんなkujikujiにて、ツレの誕生日ディナーを組んでもらいました。






特別メニューとテーブルセッティング

にーしゃん41歳

ワタクシもとてもベタな為こういう事をされると非常に嬉しくなる。








■前菜三種盛り合わせ

にーしゃん41歳

つぶ貝とチャーシューと…この五香粉?かよう分からんけど香港の味がする香港豆がうまいのだ。








■上海蟹の茶碗蒸し

にーしゃん41歳

今年初!の上海蟹。ミソもたっぷりで甘ーい♪ソースの下に茶碗蒸しが潜んでいる。

シェフ自慢の逸品。ちなみに奥さんが「自分で代金払うから食べてみたい!」と言っても作ってくれないそうだ…なんでや







■サトウキビ&海老すり身揚げ
■活岩カキの天ぷら 玉葱だれ

にーしゃん41歳

人参の仏さま(か?)に「生日快楽」と彫ってある。








■豚とろ柚子胡椒炒め

にーしゃん41歳

じゃがいもの器に入ってイイ香り♪








■地鶏の頂湯煮込み

にーしゃん41歳

これが噂のコラーゲン鍋にも使われているスープ。次の日にはぷるっぷる♪

ホントはもっと美しいビジュアルなのだが、食い気に写真を撮るのをすっかり忘れ、柚子胡椒炒めのじゃがいも器を放り込んだ好き放題の図。











■鮭炒飯のスープ茶漬け

にーしゃん41歳

ひとくちサイズ。既に満腹だがサラリと食べる我々。

にーしゃん41歳







■お誕生日スペシャルケーキ

にーしゃん41歳

チョコ好きなツレにはチョコケーキを。適材適所。







このチョコケーキは訳あって先に頂いていたので、当日は…

にーしゃん41歳

こんなデザートを頂きました♪









当の本人、ゴキゲンの様子。

にーしゃん41歳

前日、朝4時まで黄島に軟禁されていたのでどことなくやつれているが…


とりあえずはおめでとうでした。






posted by M嬢 at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 青島┗ 食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

工場菜園

工場の敷地。



土が痩せている為、草木は殆ど育たず。

芝生を植えようとも3万元以上はかかる。
(一応見積り取ってみた、過去の話)






うーむ、どうしようか…このままだったら景観が寂しいし…





と、庭園の美&空間の妙を考えてる間、


警備員&運転手のオッサン達が勝手に野菜を植えてた。





これは警備員に非常によくある行動らしく、ある所では「野菜製造禁止」命令が出ている工場もある。

ま、各々で収穫して消費するからいいか。あわよくばおすそわけを頂こうと大阪のおばちゃん的発想も浮かび、特に反対もせず。



わさわさしてるトコが野菜ゾーン。

工場菜園







ベジもライン製造。

工場菜園







こちらにも。

工場菜園







番茄(ファンチエ/トマト)

工場菜園










今年は雨が多かった為、出来がイマイチらしい。

工場菜園







青椒(チンジャオ/ピーマン)

工場菜園











辣椒(ラージャオ/唐辛子)

工場菜園








黄瓜(フアングア/きゅうり)

工場菜園









形悪ども緑色食品。

工場菜園









葱(ツォン/ネギ)

工場菜園








玉米(ユィミー/コーン)も植えるか!

工場菜園









茄子(チエズ/なす)

工場菜園

こう見たら夏野菜真っ盛りやな。


中国では写真撮影の際の「ハイ!チーズ」を
「ハイ、茄子(チエズ)!」と言う。

ホンマやで。






去年の冬に植えた苹果(ピングオ/林檎)の木

工場菜園








実がなってた。

工場菜園









あまりにも楽しそうに野菜を育てているオヤジ共。

そこでワタクシは日本から持って来たバジルの種を内緒で勝手に植えてみた。カッコウの托卵のように「あとは宜しくね♪」とばかりに無責任に植えてみた。







一週間後…育っとるっ!!

工場菜園


「オイM嬢、これは日本の野菜か?」

と、密かに活動したつもりだったがバレていたらしい。

どうやらワタクシの裏工作は中国では役に立たなかったらしい。








収穫する。

工場菜園






「日本の野菜はすごいな!好香(ハオシャン/イイ香り)だ〜」

と言われるので「いやいや、これはイタリア料理でよく使う野菜でトマトと和えてオリーブオイルとニンニクで涼菜にしたら美味しくて…云々…とりあえず食べたら分かる。」とトマトバジルサラダを作って食べさせてみた。


これが意外に評判ヨシ。


その後…
posted by M嬢 at 20:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 青島┗ 食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

北京ダック

中国・北京ツアーを申し込むと必ず組み込まれている北京ダックの老舗

全衆徳(ぜんしゅうとく)


青島にも五四広場に初!お目見えです。



遠くからでもよう分かる

北京ダック


ゴージャスな外観

北京ダック


正門

北京ダック


このちょっと下世話なくらいの派手さが中国らしい。



案内してもらい階段を昇る

北京ダック



店内はうってかわって庶民的…聞くと個室もあるらしい。

北京ダック

でも香港のダック屋でもこんな感じだったな…



まぁいいのだ

北京ダック



メニュー

北京ダック


北京ダックは1匹168元(約2500円)

オ!?
老舗の割にリーズナブル♪
1匹で4〜5人は食べれるし〜♪


北京烤鴨(ベイジンカオヤー)は注文を受けてから焼くので
その間、黄酒(ホアンジウ)を温めてもらって飲む♪

黄酒が北京ダックによく合うのよコレが。。。


アテにレバーを頼む。

北京ダック

北京ダック


肝臭く無く、ねっとりしっとり。これは頼んで正解。




泡菜(パオツァイ/ピクルス)も

北京ダック


来たのコレ↓

北京ダック


全然違うやん。

ま、お酒もほどよく摂取しているので全て許そう、といつになく寛大な気持ちになる。



で、カモがやってきました。

北京ダック


おにーさんが傍で取り分けてくれます。

北京ダック


ジューシー♪

北京ダック



最初に皮だけくれる

北京ダック

砂糖につけて食べても美味しい。



削いでくれた肉

北京ダック

皮だけでも美味しいけど肉付きもいいわね、とホロ酔いなので受け身オッケーだ。



白髪ネギと甜麺醤をつけて巻く

北京ダック



アンチエイジンガー必須のコラーゲンたっぷりの鴨スープ

北京ダック


美味しゅうございました。

でも半年に一回くらいでいいかな…


posted by M嬢 at 09:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 青島┗ 食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。