2008年06月15日

浴衣でスロット



浴衣を着てお出掛けと言えば「花火」「祭り」「盆踊り」のイメージなので、パチスロに行ってみました。

浴衣でスロット

posted by M嬢 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 和服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

京都で舞妓に変身編

京都に行って舞妓はんになりました。

もちろんかなり無理のあるコスプレという事は重々承知…
思えば成人式も風邪で休み、振袖?何ソレ?という若者に有りがちな反抗精神の為、一生に一回の晴れ舞台を逃したワタクシ…勿体ナイ…

こうなったらコスプレしか無いわね…と思いまして女三人で姦しく変身。

いらっしゃい〜と遊ぶ。
京都で舞妓

京都の平原に秋桜がお似合い。この薄曇りの空がなんとも言えず。
京都で舞妓

この時は足袋と肌着以外の全てがレンタルでした。長襦袢とかも着てたかな?と記憶は薄れているのですが、傘も借りて和室でポーズ。平原画像と合わせて合成してみました↓
年賀状に使用。
京都で舞妓


posted by M嬢 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 和服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

着物と日本酒の会

厳密に言いますと「ひなまつりしましょ♪」と称して…

■着物を着てたまにはしっとりといきますよ?
■美味しいおサケを沢山飲んじゃうよ?皆さん、沢山持ってきて♪

というある意味危険な会ですので、いつものように途中からは着物を着ているのも忘れ…記憶は忘却の彼方。

こちらもアンティークの小紋と羽織です。
瑠璃色の小紋は草花と鳥模様が染められており、ピンクの羽織は錦紗地に雲、鼓、扇面の地紋が入っております。

羽織は、自分で結んだ帯を隠す意味でとっても便利です♪
「やり手ババア」と呼ばれようとも、エエ、かまいませんわ。

そして【久保田 萬寿】から始まり…
着物で日本酒

美味しいおサケにはしゃぎまくり…
着物で日本酒

【八海山】に舌鼓。
着物で日本酒

もちろん中国内で日本酒を飲もうなどと言いますと「あり得ない高さ!(お値段)」なのですが、やっぱり和食には日本酒ね〜♪と思う今日この頃です。


posted by M嬢 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 和服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

紫地に花模様の小紋


「和服」カテゴリを作ったのに長い間ほったらかしにしておりました…
おまけに和服については全くのど素人なのですが、習うより慣れろの精神で、とりあえずは着てみました。

理想は、毎日が着物。寝るときも着物。何をしてても常に着物を着ているという生活。

「あっ!お醤油買いにいかなくっちゃ!…パタパタ(足音:足袋は白)
という時にササッ!と着物を羽織りササッ!と帯をキュッと締めてこの間約5分でお出掛け。

現実は、ネットや本を見ながら必死こいて着付けの時間約1時間…(涙)

紫地に花模様の小紋の着物です。もちろんヤフオクなどで購入した古着なのは言うまでもない…でも「アンティーク着物」と言えば響きがよろしいわ♪

実際負け惜しみでは無く本当にアンティーク独特の色/模様が好きなんです。

紫地

足元は絶対ぼっくり。アタシ背低いし…

紫地

posted by M嬢 at 20:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 和服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。