2011年01月22日

カイマクル



カッパドキアに36!あると言われる地下都市。

その中でも二大地下都市のひとつ、カイマクルに行きました。

もうひとつはデリンクユね。





なんでも6〜10世紀には1万人の人が生活していたと言われるこの地下都市。

地下10階くらいまであり、見学出来るのは地下5階まで。

アラブ人の迫害を逃れるキリスト教徒が造ったと言われ、礼拝堂、学校、厨房、ワイン製造場、墓場まであったらしい。

それでも未だに謎だらけ、というのがロマンチック。








メルセデスのバスにアナログな掃除

かイマクル







入口に向かうまでお土産物だらけです



かイマクル

シュールな国旗。

さりげに国旗を飾るのがいいですね。










入口は小さい

かイマクル


当たり前か…追われてる身やし。

それでもこの門は後付けやし。












ドキドキします

かイマクル










かなり狭い通路もあるので、閉所恐怖症の人は無理だと思う

かイマクル








小さい矢印があるのでそれに沿って進む。ここから地下○階、等とハッキリしていないので

ダラダラと気付いたら地下5階まで来ているのだ。

これは迷ったら大変…







さて、ここでクイズ。

地下都市を造るに当たって、

まず最初に造ったもの、一番大切なものは何でしょう?















私は思わず「ワイン部屋!」と回答したけど違うらしい…



しかし地下に潜ってまでもワインを造ろうという根性が凄い。ちゃんと絞って濾す為の穴とかあるんですよ。ワインのかめをキレイに並べる貯蔵庫とかね。

思うに根性というか、キリスト教徒には欠かせない聖水のようなもので、日本人にとってのお神酒なのでは?




とか思ったり。




その割に現在のトルコワインが物凄く美味しい!という訳でも無く…



何故か考えてみた。



自給率100%のトルコ、黙ってても新鮮で美味しい食物が手に入るので、黙ってそのまま食べても美味しいので、

より美味しくする努力を怠っているのでは?



という持論。



や、でも今ので十分美味しいと思ってはるかもしれへんしな…

味覚は人それぞれやし…

よう分からんようなってきた。

要するにトルコにとっては大きなお世話でした。








正解はこちら↓

かイマクル


上から撮ってる、井戸のようなものなんですが、

通気孔なんです。

ひとも登れるように穴もあけてます。







ナルホド…換気は重要。火事になってコワイのは火じゃなく煙、て言うしね。

青島のとあるアジアンキッチンの換気ももうちょっとがんばって欲しいトコロですね(余談)








「ご主人様!今年のワインは秀逸です!」の図

かイマクル








敵の侵入をふせぐ為、扉のヨコには円盤状の石がスタンバっており、カンヌキを外すと石で塞がれるという仕組み。

その石の上で記念撮影。



でかい

かイマクル




仕組みがインディジョーンズっぽいですね。

ちなみにワタクシは「インディジョーンズ魔宮の伝説」に出てたベトナム系アメリカ人のキーホイクアン(現在は改名してジョナサン=キー)にファンレターを出して返事をもらった事がある。


中学生の頃の淡い思い出だ。

おまけにサーカスの曲アメリカンフィーリング「あなた、からの、エア〜メ〜ル♪」と歌いながら、毎日それを広げてニヤニヤしてたものだ。




ん?気持ち悪い? まぁ気にしないで腐女子ですから。



加えて写真集も買ってたという黒歴史…(恥)









とにかくこの地下都市の楽しさは写真では全く伝えられないので、是非行ってみる事をおすすめします。子供は喜びそう。


これはまともな写真が撮れなかった言い訳です。






そして通りすがりに昼食。

ここもおそらく団体客専用食堂だと思う。

かイマクル





ビュッフェスタイル、食事は普通やけど

かイマクル


かイマクル


かイマクル






テーブルコーディネートがカワイイ

かイマクル




posted by M嬢 at 15:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行┗ トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。