2010年01月30日

ビジネスとオヤジ客

日本に一時帰国しました。



いつものNH158 青島→関空便です。

とは言うても年に数回しか乗らない為、搭乗マイルもなかなか貯まらない…

プレミアムポイントなんてもってのほか…





という事で巷の陸マイラーと同じく



■全ての買物(ネットショッピング/携帯電話費等)をANA/JCBカードで決算

■マイルが貯まるキャンペーンはすかさず登録

■楽天でも何でもネット系はokidokiランド経由で買物

■ANAファミリーアカウントサービスに登録
海外に住んでるメリット。家族のマイルを合算出来るのだ。

2010年4月より日本在住でも出来るみたいやけどね。
よう読んだら「ANAカード会員とその家族会員(クレジット機能付)」とか書いてあるから、微妙に違うのだ。カード作らなあかんやん。


とマイルをコツコツと地味に貯めております。



クレジットカードを使い分けたり、色々裏技はあるみたいですが、年会費がかかったりカードが増えたりというのはめんどくさいのでとりあえずはこんな感じで。





要するに自力で乗れない為、コツコツ貯めたマイルでアップグレードでビジネスに乗った、というそれだけなのですが。


関係無いけど今までの呼称「CLUB ANA」の方が響きもロゴも格好良かったのに…






せっかくラウンジが使えるけど青島発なので青島空港の酷いラウンジしかない…
こうなったらゆったり座席と機内食くらいしか楽しみが無い。

2時間半のフライトなんでビジネスなんて勿体無いという方も多い。




だがしかし。



ワタクシが中学生の頃に女子大生ブーム。

高校生の頃に世間はバブル。

大学生の頃に女子高生ブーム。





常に世間の波に乗れず、注目を浴びる事も無く、ただただ受験の狭き門だけをくぐってきて、卒業する頃には不況も始まっていた我々の世代。



やっと注目を浴びたと思ったら結婚詐欺だの保険金殺人だので有名になった関東と鳥取の二人の容疑者女性くらいだ(同世代)




何が言いたいかというと、常に世間に見放されて生きてきた為、キレイなスッチーに優しくされる事が大好きなのだ。まるでオヤジ脳。





それはさておき。





ペリエを頼む

ビジネスとおやじ






ふと横を見ると隣りのオヤジはシャンパン飲んではる。うらやましす。

ビジネスとおやじ

このおかきが美味いのだ。





隣りのオヤジ、おかきが美味いという事でバリバリ食べて、おかわりまでもらっとる。なんて強者…








たしかまだ「栗原はるみ監修」御膳だったと思う。

ビジネスとおやじ






和風ハンバーグをチョイス

ビジネスとおやじ







隣りのオヤジはチゲ鍋

ビジネスとおやじ







で、この前菜

ビジネスとおやじ



ちょっと凍ってたので隣りのオヤジ、激怒。



まぁまぁ、ちょっと待ったらええんちゃいますのん?と諭すも、オヤジ、既にスッチーを呼び文句を言うとる。


平謝りのスッチー、「新しいのを温め直してまたお持ちします」と申し訳なさそうに言うてるが

オヤジ、

「いや、別にいらん。だからこのおかき、もうちょい持って来て。あと水割りね。」





もう隣りのテーブルはおかきだらけだ。

ビジネスとおやじ









隣りだから知り合いだと思われては嫌だ。と思い、ワタクシは大人しくティラミスを食べる。

んまーい♪

ビジネスとおやじ







が、直前の血液検査で「血糖値が高い」と言われたワタクシは全部食べるのを躊躇していると…


隣りのオヤジ、

「お?食べへんの?水割りに甘いもんて合うねんでー」と熱い視線を送る。





そして、ワタクシのティラミス略奪さる

ビジネスとおやじ







食後に紅茶も頂く

ビジネスとおやじ







隣りのオヤジ、免税品も「GODIVAのチョコ2個、ロイヤルサルート2本、○○が○個…」と豪快な買いっぷりだ。さすがボーヨン。



ビジネスとおやじ



そこで

「ちょっと、そのロイヤルサルートここで開けません? チョコはつまみにしましょ。スッチーに「氷ちょうだい♪」て言うてみて下さいな」



と提案するが、さすがにそれは強者オヤジも聞き入れてくれませんでした。



posted by M嬢 at 23:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 青島┗ 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

北京空港で一泊

ダラダラと続けて来た北京旅行記も今回で終結。

たった3日の出来事を今見てみたら…15回にも分けてしまった…




続き- - - - -



最後の日がヤマでした。

ホテルから荷物を受け取り吹雪の中「東直門」へ向かい、地下鉄に乗って北京空港へ向かうところが…




地下鉄運行停止の貼り紙が。





よう知らんけど地下鉄て雪で止まるもんなん?

北大阪急行みたいに地下からぐいーんと地上に出るヤツなん?





乗せてもらったタクシーは既に別人に奪われ、しょうがないので空港行きバスに並ぶ。

吹雪の中(涙)ね。







おそらく運休とは思うが…もしかしたら、と思うと…

とりあえず行かないとどうにもならない。こういう時の判断が一番困るのだ。





2008年に開業したばかりの北京空港第3ターミナル

北京空港

広くてキレイ



が、これは後で遠目に見た図。

予定では中国国際航空(グオハン)だったが運休に。

夕方以降の他航空も全てキャンセル。




そこでグオハンのチケット持った人達が山のように押し寄せて…

こういう時の人々のマナー in チャイナ、

地獄絵図です。






我々も2時間くらい待つが、列が一向に進まない。

もうグオハンじゃなくてイイ!キャンセルして明日の朝のMU(東方航空)のにしよう!

と並ぶのをあきらめる。


※グオハンに拘った訳は、単にスタアラなんでANAマイルがつくという…





今から市内に行く気もしないし(大体タクシーもバスも満員だろうと)

みんな放心状態

北京空港






とりあえずは寝床確保!の人民

北京空港







みんなでざこ寝

北京空港






ソファは寝れそうね

北京空港







無線LANが飛んでるので、ツレは仕事、ワタクシは農場(ミクシ)が心配になり、とりあえず電源を探して交代でネットをする。









空港でどのように過ごそうかと考えた

北京空港







ねころんでみた

北京空港







エミレーツのチェックインカウンターで働いてるフリ

北京空港









滅多に入られへんトコや!とツレをもけしかける

北京空港








乗ってみた

北京空港

おそらく重量オーバー。ビジネスでも運んでくれない荷物…






と、遊ばないとやってられないくらい疲労していたのです。


それから二階にあるマズいタイ料理食べて、喫茶店でゴロ寝して…









次の日

朝便のMUがなんとか飛んでくれるという。





チェックイン完了

北京空港


あぁ、やはり定時に飛ぶという素晴らしさ。







どんよりした出発ロビー

北京空港

周りも皆疲れた顔








こんなんでも飛ぶんですね

北京空港










MU525 A320-214

北京空港


ん?MU525と言えば…青島から大阪に飛ぶヤツですよ

北京空港







初めて見たキャノピー

北京空港










中国国内線でもやけに嬉しい…

北京空港





でも出たのは喉カラカラになるクッキー

北京空港






ツレが寝ていた為、もいっこもらおうと待機してたら、ツレが起きて何やらトイレに行き、


ついでに


サンドイッチもらってきよった

北京空港


こんなに薄い具も珍しい…






そんなこんなで北京弾丸ツアーも無事終了〜




posted by M嬢 at 22:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行┗ 中国:北京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

北京で北京ダック

前門に来た訳は…


全衆徳は食べた事があるので、二番手の老舗北京ダック屋「便宜坊(ピエンイーファン)」を求めての行動なのだ。




が。






なんでか知らんけど地図上にある店が無い!というかその前の通りに行けない!(涙)


さすが路が変わりまくる中国…114でツレが調べたトコによると、少し東に行った「崇文門」という地方にあるらしい。東単をそのまま南下した南北の通りだ。

この大雪でタクシーが捕まらず、駅一つなので地下鉄にて行く。







どうやら「新世界大厦」という老舗デパートの中にあるらしい。

看板、案内は全然出てないし、聞きまくってようやくデパート内の端にある「便宜坊」に辿り着きました。

便宜坊

このキャラがポイントなのね。







中に入る

便宜坊









老舗デパート(ちょっと古めかしい)な割に内装もキレイです

便宜坊








またもや「塩水鴨肝」32元をアテる

便宜坊

んまーい♪








「特色鴨肉粉果」32元

便宜坊

カモギョーザ。これは普通…








ダック半身 98元

便宜坊


ダック皿がカワイイ♪

なんでも「花香酥烤鴨」という「お茶の香りがして美味しいですよ〜♪」とおねーさんに薦められたダックを頼んでみた。








お約束の取り分け

便宜坊

便宜坊






普通にガンガン並べられただけなので「どうやって食べますのん?やり方教えてくださいな〜」と服務員を呼ぶ。


するとマネージャーらしきコギレイな出立ちのおねーさんが現れて実演してくれました。



こう入れて、

便宜坊





キュッ!くるくる〜

便宜坊






こんな感じ

便宜坊





オオ!細い!コンパクト!いつも空気入りまくってダラダラこぼしまくってるけどこれは美しい!!!


と大絶賛。拍手喝采しときました♪






どれどれ…と嬉しそうに実演してみるツレ

便宜坊





お茶の香り…というかこれはジャスミンティの香りがする。

いや、合いますよ北京ダックに!





これは美味しいな〜どうやって味付けて焼いてんのかな〜と色々考えた挙げ句判明したのが、



単につけダレがそんな味でした…



ダックは一緒。

ま、まぁ…美味しいからいっか。






鴨スープ

便宜坊


このスープ、味が無いです(涙)






全衆徳と比べて…と述べられないくらい覚えてない…




空腹と健康な身体が何よりのスパイス。

美味しゅうございました。











posted by M嬢 at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ 中国:北京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

前門

天安門、南下すると天安門広場、さらに南下すると「前門」に辿りつきます。


正陽門の別名が前門、その南に広がる商店街を前門大街と言い、綺麗に修復された中国的雰囲気を醸し出しております。



前門大街

前門







北京ダックの有名店、今や青島にもある「全衆徳」の本店

前門









北京以外では「北京同仁堂」という漢方薬局が、北京では「同仁堂」のみ

前門









スタバも同系列な建築のヤンヅ

前門

空腹だったのでコーヒーじゃねぇ、メシだ!という心の声が叫んでいた為、中には入らず。









「雨は夜更けすぎ〜に〜♪」な写真が撮れた!とツレに報告すると…

前門

前門





「ええけどその曲がいややわ」と文句が多い。





その後、寒い!お腹すいた!メシメシ!と北京ダックへ急ぐ。



posted by M嬢 at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ 中国:北京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

故宮博物院

今さらながら天安門をくぐると故宮の入口が続いてるのを初めて知った…

故宮博物院

入場料/ひとり40元







1987年公開の「ラストエンペラー」

あの頃は「紫禁城」て呼んでて映画中でも「シッキーンパレス」とか言うとったような。

そう、故宮と言えばジョンローンの溥儀とか坂本龍一の甘粕大尉とかを思い出してしまう

80年代が青春だったワタクシ。










この頃からデジカメ一眼から変な音が聞こえる…



そして


寒すぎてオートフォーカスが効かなくなった…


目測で合わせるには暗いし雪降ってるし(涙)

ヽ(`Д´)ノウワァァン








それでもわーいわーい♪と喜ぶが、寒くてボタンがずれとる。

故宮博物院

全く気付かんかった…早いとこ言うて欲しいわ…











天安門を逆から望む

故宮博物院











ここが太和殿

故宮博物院

オオ!

幼い溥儀が宦官に注意されながらもテケテケ歩いてた場所だ。






太和殿は中国最大の木造建築物らしい。

日本で言うと東大寺大仏殿かしら。












有名な龍のレリーフも見えない(涙)

故宮博物院

焦点も合ってない(続涙)









誰かが作った雪だるま…じゃなくてう○こやん!

故宮博物院

故宮にう○こ…









太和殿、中和殿、保和殿と似たような建築物を過ぎると美しい庭園が

故宮博物院








此処は雪に埋もれてても美しい

故宮博物院








寒そう…

故宮博物院








と、この庭園を鑑賞しながらお茶出来るのだ

故宮博物院


雪見茶♪

只のカフェやったけど昔はスタバだったらしい。なんでも故宮側の意見で無くなったとか。

どっちでもええやん、て思うんやけどお金がスタバに流れるのは嫌なのね。







「故宮なんてちゃんと見たら一日はかかるよ!」と聞いていたが

寒い寒い、と早足で通り過ぎてたらもう北端の神武門まで来てしまった。


故宮博物院








北からも入れる、というかこっちが正門らしい

故宮博物院

ちゃんと「故宮博物院」の文字も











あんまり堪能出来なかったな…宝物殿とか見たかったな…

故宮博物院




人間、身体の危険を感じたら世界遺産もどうでもよくなるという事を身をもって感じた一日でした。





posted by M嬢 at 11:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ 中国:北京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。