2009年07月29日

2005ハワイ結婚式

もう4年前の話ですが…とりあえずは備忘録。



4年前、イモの結婚式の為に

人生初ハワ。






それまでは

さわやかな空気♪

アメリカーンな雰囲気♪

何もかもポジティブシンキング♪




なハワイなど、ワタクシにとったら短パンローラースケートの金髪ガールがウヨウヨいそうなLAと同じイメージで、全く興味が無い。



分かるかしら、この前向きな明るさにちょっと拒否反応を示す引きこもり気質を。







ので、こういう機会でも無いと行ってなかっただろうと思われる。


そんなアロハ〜な結婚式に初参加。









リムジンでババーンと現れるイモとオト。

2005ハワイ







教会にて

2005ハワイ







特に打ち合わせした訳でも無いらしいが、両家両親の服が合っている…

2005ハワイ









牧師さんと「マハロ〜」の図

2005ハワイ








その後はガーデンパーティへ♪

2005ハワイ


すっかりいつもの身内宴会、何を食したのか全く忘れてしまった…








オヤジーズの生演奏付

2005ハワイ


静かな湖畔、ソヨソヨ風、ハワイアンの優しい音だけが響き渡る…






当初かなり馬鹿にしていたハワイ挙式…結構楽しす♪
(反省)





この時、イモ妊娠5ヶ月。

2005ハワイ

そのお腹の中にいた姪が今4才…






と、メインイベントはソツ無く成功。

ホテルに帰ってゴロゴロしようかと思ったが、周りのテンションが高い…







という事で、新郎新婦以外でデカリムジンを貸し切り、オアフ島を廻る観光へ。









海。


2005ハワイ







また海。

2005ハワイ









まぁまぁキレイ。

2005ハワイ









サーファーが集うスポット、ノースショア。

2005ハワイ

さすがに波が高い。









バナナボートにも乗ってみた。これは面白い。

2005ハワイ



その他「海底散歩」なる透明度が低い海底をウェットスーツ&頭にかぶる球体ガラス(宇宙飛行士のような)という格好をさせられ3mほど歩いたら終了というインチキイベントもこなす。



その他「珊瑚付近でシュノーケリング」なる、乗船から向こうの珊瑚まで勝手に泳いで帰ってきなさいね♪という部活合宿のようなイベントもこなす。透明度低いから何も見えなかったけどね。


海に放置された所で、いつジョーズが襲ってくるか分からないので、珊瑚まで泳ぐフリをしながらコソコソ船に帰ろうとするワタクシ…

それをめざとく見つけるチチ。

「なんやお前、こわいんか〜♪」




カチーン(怒)!!!





確かにその通りやけどなんか腹立つ。

それがうちのチチ…




透明度が低いのは季節が悪かったのかもしれない…

リゾートは雨期と乾期で楽しさがまるで違うし。










その後パイナップル農場へ。

2005ハワイ









南の島のカメハメハ大王

2005ハワイ


今や世界ではこの大王より悟空のかめはめ波の方が知名度が高いと思われる。








そして「モアナルア・ガーデンパーク」へ

2005ハワイ








日立のCMでおなじみ「この木なんの木」でした(笑)

2005ハワイ








CMより1本がポツン、と生えているイメージだったけど、沢山生えててビックリ。

モンキーポッドの木、だそう。

2005ハワイ








こんなに大きいのだ。

2005ハワイ










最後にワタクシの念願の地へ…!

2005ハワイ








そう、真珠湾です。

2005ハワイ







アメリカに踊らされて奇襲をかけ、撃沈させたアリゾナ号がそのまま残っているという。




その上に建てられたアリゾナ記念館、「日本人な行くべきだろ!」と息を巻くも誰も賛成せず。




ハワイ観光を楽しんでるうちの家族共は「そろそろアラモアナに行こか〜」とやっぱり軽い。ま、結婚式やし戦争より平和モードの方が。












2005ハワイ


Remember Pearl Harbor! より

日本人ならNo More Hiroshima! と言いたいが

真珠湾に罪は無い。なんてイイ天気だ。








というハワイ。

とりあえず一度は行けたので良かったと思っている。



ただ日本→ハワイはまだしも、中国→ハワイはあまりもの物価差額に浪費家のワタクシも大人しくなっていた傾向が…


確かに老若男女かまわず全員が楽しめる処カモ。実際うちのチチハハが楽しんでたし…


や、あいつらは何処でも楽しめる筈。



今度はオアフ島以外の離島に行きたいなーいつか…

posted by M嬢 at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ ハワイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

日本料理 八坂

2000年あたりから中国政府が力を入れてきた外資系企業の誘致。

日系企業の誘致も伴って、日本人人口が増加してきた青島。

駐在員のオヤジとその奥サマ、そして御子息まで増えつつ

2004年には青島日本人学校も設立。

日本人が益々増えていくのでは?と見越して

2009年には青島総領事館も開設。





そして現在の不況。





「ご家族に鶏インフルエンザがかかったらどうするの?」
「ご家族に豚インフルエンザがかかったらどうするの?」

と心配するフリをしつつ、家族を日本に帰し、経費削減の為に単身赴任にさせる日系企業も増加。



経費削減の為に日本人を雇わないようにしたり、現地法人化する企業も増加。


どうなる青島の日本人社会?






そんな時代の流れに逆行して、また新たに日本料理屋がオープン。





よく考えたら

■経費削減を迫られてるオヤジ
■安い給料で働かされてるサラリーマン
■現地採用でもっと安く働かされてる日本人

を相手にしたらまず無理。





セレブな中国人をターゲットにした方がよっぽど金回りがイイ。
おまけに「日本料理を食べる」というのはブランド化されているので
見栄っ張りメンツを重んじる中国人にとってちょっとしたステイタスも味わえる事間違い無い。





だからかどうか

「は?こんな時代にまたオープンするとな?何考えてんの?」

と言われながらもB店長は軽い。

B「そうなんっすよ〜、がんばりますよ〜、あ、ロゴ考えてもらえません?」





と出来たのがこちら

ばーばん



すごくベタなので、あまり気にいっていないのだが、発注者はベタなものが大好き。

ヤツは独身だが、結婚したら「ただいま〜て帰ったら、味噌汁の香りがして、奥さんが台所でトントンしながら「おかえり♪」て言われるのが理想なんですよ〜」とやっぱりベタだ。

料理人だからか妄想力創造力も豊かだ。


B「こう、筆文字で八坂って書いてね〜、丸で囲みたいんですよ〜」






あらゆる種類の筆文字を見せた結果、

B「あ、これ駄目です。もっと普通にキレイに出来ません?」

想像通り、口やかましいB…





B「コレ、ここのハネ具合がちょっと気になるんですよね〜」

と、喫茶店での打合せ時、筆と半紙を持参したワタクシは何回も文字を書き直させられる羽目に。

ちなみに簡単に出来たと思われる上記のロゴは、マイナーチェンジを繰り返しつつ42個目なのだ。

B店長、決断力無し。








そんなB店長だが、料理はマジ美味しい。

ここのサバ味噌煮は絶品。






腕があるからちょっとした小生意気な口を聞いても快く受け入れようじゃないか。




そんな店内

ばーばん


入ってすぐカウンター。

ん?この配列、どこぞの○のれんに似てる?






奥の大広間

ばーばん

元々「昇ちゃん」という焼鳥屋を改装した店内。







カラー反転したのれん

ばーばん

最初に指定した黄緑と全然違うやん〜(涙)







途中

ばーばん







カウンターに座ってみた

ばーばん








鴨肉のサラダ

ばーばん


おおっ!パルミジャーノも入っとる!

また女性客獲得のメニューを打ち出しているB…

がんばれB、と暖かくエールを送ろう。







自分大好きのB。

ばーばん


今後に期待。

ただ「すぐに帰れるように(とっととお家に帰りなさい!)」とドアに一番近いカウンターに座らせるのはやめて下さいね。












posted by M嬢 at 18:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 青島┗ 労働 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

整地工事

着床計画を立てたのはいいが、よく考えると、35年間も酷使した身体というのは

かなり汚れているのでは無いか?




そうだ!まずは美しいカラダ作り♪


部屋は汚いけど、カラダの中から美しく!
腐りかけてる羊水をポカリスエット並みに爽やかに!

基礎を固めないと上海のマンションみたいに倒壊してしまうわ!





とりあえずは基礎体温でも付けてみよう。

自分を知る事が大切。今さらながら自分探しの旅。
真実は何処に。




整える


ウーマンcomのがシンプルで使いやすい。

毎日つけてるとオギノ式で換算して

「ただいま黄体期です」
「そろそろ排卵期です」
「卵胞期にはいります」
「月経期にはいります」

とメールを送ってくれるので他力本願なワタクシにはピッタリ。

しかし怖いくらいにガタガタやな…もっと「高体温期」「低体温期」て分かれて欲しいわ。





そして

葉酸サプリ(10ヶ月分をゲット)の摂取

整える

食べることは生きる事。






ザクロエキスの摂取

整える

ザクロは血の味。






ザクロジュース、売ってるかな〜とJUSCO、カルフール、新快、銀都スーパーと探しに行くも見当たらず…

とりあえずはそれらしいジュースを発見

整える

左は中国製のトロピカーナ、右は韓国製。






海口路のK-martにて濃縮タイプのザクロジュース発見!!!

整える

それも酢ドリンクなのでかなり美味しい〜♪

リピ買い決定!今週末に5本くらい買ってくる!






そして噂のマカ

整える

マカと言えばヤマノ、らしい…




以上を気休めに飲み続けてるけどなんか調子がイイ?

万年冷え性、かかとカサカサ、でもなんか手足がポカポカする感じ?

ただの思い込み?





周りの協力もあって

ママ先輩であるK嬢からは「部屋はピンクにしろ、桃の絵を飾りなさい」との事。



という事でピンクにしてみました。

整える


↑枕元の上部に注目。



その空間に、桃の絵を貼ってみました。
「桃願」←意味不明やけどなんとなく願い。

整える





着床云々の前に「お前はとりあえずアタマを冷せ」と今、巷で流行りの冷却ジェルシート枕版を現在ジェルシートが売れて売れてしょうがないというT毛織より頂く。

整える




整地、整体、整アタマ…



posted by M嬢 at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 青島┗ 受胎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

西湖

2008年5/19〜20に杭州一泊出張へ。



いつもの山東航空 CRJ700 Regional Jet、乗る度にドキドキするボンバルディアです。

西湖






タラップに何か落ちている…

西湖






チェリーが見事にばらまかれていました。

西湖

勿体無い&しっかり持っとけ。






短いフライトでもご飯が出ます♪

西湖

人参とキャベツが弱々しい。そしてパン、二個もいらんやろ。






鶏もつ煮。只の醤油味だが…案外悪く無い。

西湖






いつものたくあんパック。

西湖







メシの友よ。

西湖






という間に杭州空港到着。

西湖






これまたオリンピック前という事で警備隊が。

西湖






近隣都市へのバスもありました。

西湖

左下のZHUJIは真珠
右上のYIWU(義鳥)は雑貨市場

その下のSHAOXING(紹興)は…お酒で有名♪
いつか行きたい紹興酒。





バス路線上も警備が厳しくなっております。

西湖






こんな人や

西湖






こんな人を見掛けたら注意♪

西湖








仕事言うても色校正だけなので、日本から来た出張者のおねーさんと一緒に

「西湖行きたい!!!」

と計画的に駄々をこねた結果、





連れてってもらいました♪

西湖







こういう周りの道路も西湖の魅力だと思う。

西湖


西湖







船頭のおっさん

西湖







水面に蓮の葉が顔を出す

西湖






近寄ってみた

西湖







中国風のあずま屋も

西湖







柳の葉も

西湖


全てが西湖にしっくり来るのは何故…










レンタルチャリで遊ぶもヨシ。

西湖







木漏れ日

西湖








デートにも最適

西湖

この二人の距離感がイイわ♪

○十年前を思い出すわね…そう、あの切なくホロ苦い青い春を。






橋も凝ってます。

西湖



さりげなく野生のリスも居たりして、環境がいいんやろなと思う。






湖周を歩き、別の場所まで移動するともう夕暮れ。

西湖








暮れなずむ。

西湖







夕焼けが眩しい。

西湖







元々自分が持っていた西湖の幻影が

西湖

イメージ通りで嬉しい♪








余談:


夜にご当地ビールを何本か飲んだけど…どれも美味しくなかった…

西湖




posted by M嬢 at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ 中国:杭州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

着床計画

最近、自分でも思うが

いつになくブログ更新してます。




理由は単に

あまり(飲みに)出歩かなくなった為。

家で引き蘢っている為。





というのも



そう、

ワタクシ現在35才…



知人・友人の子供は別として、もともと子供というものが大ッ嫌い。

うるさいしめんどくさいし調子に乗るし。





「結婚したんやし、子供はどうよ?」と聞かれると

「ん? いらん。」と即答。





だいたい結婚したからって無理に作らんでもええやろ。
子供がいてる生活なんて想像つかんわ。人の世話するのヤダ。

誰か世話して。ヽ(´Д`)ノ




と世間から見るとかなり鬼畜な自分。




ママ同士の中途半端な馴れ合いにも絶対ついていけない自信がある。

「ママ友と仲良くなれません。どうしたらいいんでしょうか。」と発言小町する自信もある。





最近の躾のなってないガキに、

「コラァ!!!公共の場所で走るんじゃねぇ!!!!」
「電車に後ろ向きに座る時は靴を脱げ!!!」
「子供だからって許されると思うな!!!」

等と怒るカミナリオヤジとして生きていこうかと。






そう、自分に甘く他人に厳しくありたいのだ。体罰賛成。





とりあえず半年前の家族会議



ワタクシ「子供、欲しい?」

ツレ「うーん。M嬢子供キライやろ。ワシも歳やし、おったらおったでカワイイと思うけどおらんかったらおらんでもええでー」

ワタクシ「そうよねーーーーー♪別にいなくてもいいよねーーーー」

ツレ「このままでもええでー」

ワタクシ「子供おらんかったらお金かからんから一生いろんなトコ旅行に行こうねー♪」

ツレ「そうやなー」



という家族計画。



- - - - - - - - - - - - - -





ところが世間はそれを許さなかった。

「そうは言うてもダンナさんは欲しがってると思うよー!」という声が多数。





再び会議。



ワタクシ「どうなん?ホントの所、欲しいん?」

ツレ「そうやなぁ…」



相変わらず白黒ハッキリしないツレだがどうやら欲しいヤンヅ。


- - - - - - - - - - - - - -



ワタクシ「じゃ、作ろっか♪」



とまるで簡単にマントウを作るように着床計画が始まりました。

マントウのように白くてモフモフしたベイビーを目指すのだ。










posted by M嬢 at 19:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 青島┗ 受胎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。