2008年10月30日

2008春節行脚/広島編その一

東京から広島に飛ぶ為に羽田に向かいます。

東京タワーを横目に…
広島1

空港の「旅、行きます。」的雰囲気が好きなので早めに到着。となると向かうは展望ロビー♪

ANAがいっぱいだわ〜とひとりはしゃぐ。
広島1

それにしても羽田、近いわ。現在4本目の滑走路の工事も進んでるみたいだし正直成田、いらんやん。店舗の種類も成田よりマシな気がするし。

というか、羽田→広島間て国内線のくせにB777-200て…でかい。平日なのもあってガラガラです。
というか、羽田→大阪ならまだしも、こんなにデカイの飛ばす意味あるんやろか。

と思ってる間に広島到着。広島空港は以前は市内にあって便利だったのですが(利用した事は無いが)今は山の中にあります。それもかなりの山の中。

雨上がりの上空。背景の山脈がイイ感じ。ただ不便な場所だけどね…

広島1

とはいえ、田舎(父親実家)は三原市にあるので不便な空港から、ちょっと近い。
片島の田舎。幼い時からモチつきだとか法事だとか正月だとか何かと行事があればココまで呼び出され、ばーちゃんより「呑め!食え!」攻撃を受けるので行く前にはそれなり覚悟、とやんわり断る理由を考えないといけないデッドゾーン。でもたまに行くと落ち着くある意味ヒーリングスポット。

広島1

ばーちゃんに挨拶して、今回一番の目的の墓参りへ行く。裏山にあるので徒歩2分。ご先祖様にご挨拶♪

とりあえずご先祖様、いっぱいいてるので(笑)よう分からんけど、皆にご挨拶。この適当さは家系だと思っているのでご先祖様も許してくれるだろう。
広島1

後ろでガサゴソ…と奇妙な音がすると思ったら…

おとんやん!どこのジジイかと思ったわ!その格好…田舎カジュアル=イナカジか?
広島1

さて、「呑め!食え!」攻撃に続きばーちゃんの「泊まってイケ!」攻撃をなんとか振り払い広島市に向かう。ごめん、ばーちゃん、また今度!という返答も数十年続けている。

片島から定期バスで広島市内までいけるらしい。こんなヘンピな場所からバス。むっちゃ便利。ばーちゃんに半ば無理矢理持たされた巻き寿司でも食べながらバスにゆられて1時間程。こういうバス、ローカル線などを駆使して移動する「市民の足」情報はおとんの唯一の能力かもしれない。

何年かぶりの広島駅。このローカルっぷりが変わってないわ…としばし郷愁にひたる。
広島1

なんかチン電(チンチン電車)がパワーアップしとる!
広島1

この日の宿。
以前から気になっていたオリエンタルホテル広島に泊まってみました。

広島1

広島に在住してた頃はワシントンホテルでしたが綺麗にリノベーションされてます。
おまけに繁華街にむちゃ近い。これは便利。

正面エントランス。
広島1

1階ロビー。
広島1

チェックインに向かいます。
広島1

中国生活が長く、既にココロは工作員の為、ホテルマンのちょっとした言葉遣い、サービスにホロッと来てしまいます。日本では当たり前なんやけど。

17平米(狭っ!)…ま、一人やからええけど、ちょっと旅を盛り上げる為にちょっとだけアップグレード。ワイドダブルで高層階のお部屋にしてみました。平和大通りから景色が一望出来るらしい。すぐ出掛けないといけない為、一望したのも一瞬だったけど。

広島1

オーガニックコットンのねまき。ねまきという表現は適切だろうか…
広島1

同じくオーガニックコットンのタオルやら自然治癒力を高めるオリジナルアメニティだとか、小物は充実♪
広島1

次の日の朝食も美味しかったのですが(さすがに恥ずかしくて写真撮れなかった…反省)
ただ一つ気になる点はバスルーム…やっぱりビジネスホテルの域を出ないというか、水回り工事はカネかかるからなー…
posted by M嬢 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行┗ 日本:広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

2008春節行脚/東京編その二

この時期に日本に帰る…となると欠かせないお土産がコレ。

中国では春節にちなんで(めでたい)紅グッズが数多く売られている。その中でもザ・勝負パンツ。パッケージもセクシーなおねーちゃんが勝負パンツを履いて官能ポーズ。なんてめでたい中国。
東京2

モチロン男性モノも。
東京2

股間に福。まるで猪木パンツ。
東京2

でも赤パン健康法というのもあるし、股間がホカホカすると確かに「福」だろうと。

今まで色んな人にお土産として渡したが、誰一人して愛用してるのよ♪とは言われないのが、このパンツの宿命だと思っている。

姉とポーズ。これで勝負だコラァ!と気合いを入れて、
東京2

フレンチを食べに行く↓

東京2

味も内装も素敵な、勝負デートに使える店。
広尾「ブラッセリーマノワ」


鹿とちゅー♪するつもりが背中のカイロが痛々しい図。
東京2

英国調の重厚な内装がステキ。最近多いシンプルモダンよりやっぱこういう雰囲気の方が好きだ。いかにもカネ、使うわよ?という感じがして。

あとギャルソン♪
女のコの細かいサービスもイイんだけどやっぱ飲食店には男性給仕←と思うワタクシ。オバちゃん、大喜び♪

北海道直送の季節の海鮮物、狩猟で捕獲したウサギ、カモ、鹿などのジビエで有名なマノワ。
先ずは「カキえもん」「知床産ウニ、人参ムース、コンソメジュレ」等をおしとやかにかっ喰らう。ワインも適度に入り大ハシャギなオバちゃん達は写真を撮るのも忘れる。なんて絶品。日本に産まれてよかったー♪

そう、フレンチとは言えども「日本産」「新鮮」「旬」の食材がシェフの腕によって逸品に変わる…これこそわざわざこの店に来た意味があるというものだ。料理も一期一会。大体フランス空輸なんてインチキ臭いわ。

野鴨の赤ワインソース。だったと思う。
東京2

鱸とムール貝の鍋焼き。
東京2

この日、三人合致で絶品ナンバーワンの称号を与えられた「エゾ鹿」
東京2

鹿、食べるの初めてやけどかなりイケる…ワインも進みまくり。今度、青島にあるかなりヤバい雰囲気の鹿料理店に行ってみようかな、という気にもなる。

デザートも抜かりナシ。
東京2

東京2

や、美味しいのは覚えているがもう何がなんだか…(省)
常にメモらないといけないわ。

最近呑んだらすぐ寝る癖がついてしまい、おうちに帰るとすぐゴロン。

↓呑み足りない二人にしてやられた図。
東京2

posted by M嬢 at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ 日本:東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

2008春節行脚/東京編その一

東京に着きました。

JR東京駅丸ノ内改札口(北口)を出た所。そういえばかの有名な赤レンガを見た事が無い!と思いを馳せるが残念ながら工事中…それでも2012年には修復を終えるという。楽しみだわ。こういう歴史的建造物はどんどん残して欲しい。昔の人はホンマいい仕事してると思いますし。

東京1
大正3年(1914年)建築の重要文化財。第一次世界大戦勃発。

久々の東京、という事でどうせ何か食べるんだったら行きたい所に行く!とおのぼりさんパワー全開というかただの田舎モンいや、外国人のような気分で日比谷公園まで行く。そう、日比谷花壇もある都民の憩いスポット日比谷公園。

東京は広い。大阪に比べると緑は多いし、なんとなく都民の意識が違うようにも思う。足並みがイイ感じに揃ってる感じがする。アクが少ないといえばそうなんだけど、東京は好きだ。

明治36年(1903年)創業の日比谷「松本楼」

東京1

日比谷公園内にあります。こんなヘンピな場所に在っても昼メシ時には混んでいます。大阪では…ありえん。くやしいけど羨ましい。孫文もよく来てた松本楼。宋慶齢のピアノが置いてあるという松本楼。

入口。どうせだったら中国式にmatsumoto「lou」にすればよかったのに、とまたもや勝手に老婆心。
東京1

せっかくなので併設されているテラスでお食事。
東京1

シンプルすぎるメニュー。此処のテーマカラーはエメラルドグリーンなのね。
東京1

なんとなくノスタルジーなサラダ。
東京1

牡蠣食べる!と息巻いていたためカキフライにしました。
東京1

HPによると「当時のモボとモガの間では、松本楼でカレーを食べてコーヒーを飲むのがハイカラな習慣」と後で発見…ちょっと失敗…

洋食のシメはコーヒーなのだ。
東京1

苦しくもこの後の5/6に福田前総理とコキントウが松本楼で夕食会を開催したそうな。なんだろねー。

posted by M嬢 at 17:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ 日本:東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

2008春節行脚/日本帰国編

中国の春節(旧正月)の休みに日本一時帰国しました。

いつもは青島→関西とダイレクトに帰るところですが、今回は青島→東京→広島→神戸→大阪とプチ旅行も兼ねて行く事に。東京も久しぶりだし〜

青島流亭機場の国際線ゲート付近。春節期に中国に滞在する程つまらない事は無いと皆よく分かっている為か、いつもより帰国者も多いこの時期。

日本帰国

A320
日本帰国

日本帰国

毎日飛ぶから、と機体も小さくなりました…以前は週三便でシートテレビも付いてたので映画を見ながら帰るのが楽しみだったのに…(涙)というか毎日飛ばさなくてもいいよ。

NH928、CA(中国国際航空)との共同運行便。
日本帰国

そろそろ登機(ドンジー/搭乗)しましょう。

ん?なんかいてる。
日本帰国

パンダーーーーーーーー!!!
日本帰国

そう、ANAが1987年4月16日に初めて成田→大連→北京線を飛ばしてから2007年4月16日で20年。
ANA中国就航20周年という事でパンダがデザインされた特別塗装機「FLY!パンダ」号や、機内のパンダグッズ、このパンダもその一環なのでしょう。やっとこの期間に乗れました。

↓パンダ号(ANAサイトより抜粋)
日本帰国
只、パンダ号てB767…青島には来ないのね…(涙)

パンダ、皆にごあいさつ。
日本帰国

いつもの経済席…がプレゼント付♪
日本帰国

いつものGASTONカベルネ赤ワインも飲む。二本が基本。
日本帰国

今回の機内食はワインに合うわ。
日本帰国




posted by M嬢 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行┗ 日本:東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

ブーケ制作/当日編

既にかなり昔の話のような気がするけど、せっかく作ったので記録。

ブーケ制作/準備編
ブーケ制作/試作第一弾

と、当時はかなり気合いを入れていたブーケ作成。当日編が一番イケてなかったような気もするけど、まぁいい。過去の話だ。これも何年か経てばイイ思い出になるのだろう。

前日に例の花市場に赴き「基本はピンクだ」とメインをピンクのガーベラにする。
ブーケ当日

珍しくレトロな色調のカーネーションがあった。
ブーケ当日

赤に近いけど濃ピンクのバラ。
ブーケ当日

こういうのも要るかしら、名前分からないけどカワイイ。
ブーケ当日

白いアンセリウム。なんとかして使ってみよう。
ブーケ当日

その他葉っぱ類。水草はついつい買ってしまう。
ブーケ当日

なんかキ○タマみたいでこれまたカワイイ♪
ブーケ当日

手持ちブーケもさながら髪につける為にオアシスをゲット。この量で3元…(45円)
ブーケ当日

というのも、無知なワタクシは、髪につける生花もオアシスが無いとあかんやろ、と勝手に思い(今思えばガーゼで巻いたり処理を施していれば2時間くらいは平気かと)こんなモノを作る↓

ブーケ当日

パールのゴムにオアシスを針金で固定。かなりアバウトだ。これに花をザクザク挿していこうかと…

ブーケ当日

髪に着けてザクザク挿した感じ↓
ブーケ当日

挿しすぎて途中で花が落ちまくるという悲劇に見舞われる。

出来ました↓ なんか花キツキツやな…
ブーケ当日

余ったお花でケーキカットナイフにも装飾。
ブーケ当日

ブートニアも作ってみました。ピンクのガーベラではちょっと軟弱かと…無難にバラ。
ブーケ当日


posted by M嬢 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 青島┗ 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。