2007年03月31日

中国産サプリ

中国は乾燥している。
ここ青島は中国東北部で乾燥している上に海辺の街ということで風が強い。
砂埃もすごい。のでちょっとお出掛けすると顔手足が真っ黒になります。
元々乾燥肌の上に、もう自力でピチピチ栄養分を製造できない歳になりましたので
自称美容に気をつかう(?)ワタクシにはサプリが必須。

ワトソンズにもアメリカ産サプリ等いろいろ売られていますが、けっこう高い。
先日とある展示会の中で破格の値段で売られていたサプリをゲットしました。

中国産サプリ
まずは豊胸。

成分は「野葛、大豆ナントカ」
「大豆ナントカ」は大豆ペプチドか大豆イソブラホンか?ま、どっちでもいーや。
「野葛」は豊胸サプリのお約束の「プエラリア=ミリフィカ(pueraria-mirifica)」だと判明。
ヨシ。一つ60元。

ここでワタクシは重大なミスを犯していることにまだ気がついていなかった…
ま、それは後で。

中国産サプリ
そして一時期日本でも流行ってた「ビューティローズ」
飲むと身体の中からバラの香りが…飲む香水、とか言われてた非常にインチキくさい代物だ。
そういうワタクシは過去に2瓶続けて飲んだことがあるけど効果は…

懐かしくてつい買ってしまいました。
中国語で「バラ香体」…そのままやん!
謳い文句に「40000kgの新鮮なバラから1kgしかとれない貴重なローズエッセンシャルオイル。それは【黄金液体】と呼ばれ鎮静剤、催情剤、及び美容に役立つ。」と。催情剤? ま、いっか。
成分は「バラ精油。青春素等」…青春素て何? これも一つ60元。

中国産サプリ
そして「濃縮蜂○」○=月へんに交
これはプロポリスだ。これはちゃんと含有量が書かれており
「100gの中にイソフラボンが7800mg含まれる」と…
じゃ一粒なんぼやねん!と計算すると一粒あたり39mgのイソフラボン。
うん、まーまーやないの。4つ80元やし。

そう、その重大なミスとは、中国産サプリにはこうした含有量が書かれていないことが多々ある。よーーーーく裏面を見て確かめないといけない事に気づいていなかったのだ。粒はやけに大きいけど、その中に○○が何mg含まれている、とか書いておいてくれないと。で、豊胸とビューティローズにはそれが書かれていなかったのだ。
安い!と思って買ってみても結局割が悪くて、始めから高いアメリカ産サプリのほうが効率がよかったりもする。

中国産サプリ
そしてアンチエイジングサプリの王道、羊プラセンタ。
これは一粒に400mgとちゃんと「一粒○○mg」と書いてくれてる。親切だ。当たり前だけど。
プラセンタを調べていくとほとんどの安物プラセンタは細胞が死んでいるため単なるビタミン剤と化してしまっている。とか…


思いっきり通販の罠にハマりやすいワタクシ。
当分はここで出来ることをやらないと。
中国産サプリでがんばりマス。これも4つ80元やし。

中国産サプリ
それにしても一粒がでかすぎ…

posted by M嬢 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(3) | 青島┗ 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

白い物体が


あれは肌寒い11月の夜の出来事。
高速道路を車で走っていると前にほうに白光りする物体が。

中国の高速道路にはいろんなモノが落ちている。

ドラム缶がころがって来たこともあるし
逆走してくる車とすれ違ったこともあるし
横転してる車を横目に通り過ぎたこともあるし
正面からぶつかってフロントガラスに首をうなだれて
血を流しながらぴくぴくしている人も見た。
もう何を見ても驚かない身体になっていた。

白い物体はどんどん増えてくるようだ。

「何ナニ?」

好奇心の強いワタクシは身を乗り出した。
書類のようだ。何かの機密書類か?

運転手はスピードを落としながら走行していた。
そして何を思ったか急停止。
かと思うと路肩に車を付け、扉を開けてダダッと外に飛び出していった。

ヒーーーーー!何なのーーーー???
こんな真っ暗な所に置いていかないでよーーーー!!!

白い物体が
白菜だ。

山東省は中国でも有数の野菜の産地。
ネギなど日本へ輸出している野菜が沢山ある。
そして高速道路はそんな野菜が過積載されたトラックが多く走る。
これもその一つだったのだろう。

白い物体が
運転手がいつになく真剣に白菜を選別している。
暗闇に眼光が鋭い。
いつもこんなに真剣だったらいいのに…と思っていると
ニコニコしながら戻って来た。
手にかかえきれない程の白菜を持って。

「こいつぁイイ白菜だ!今日の晩ご飯に持ってこいだ!ホレ!」

「きゃー、ラッキー♪」

三個ほど頂きました。
本当に柔らかくて美味しかったです。
また何処かでトラック横転しないかな。
posted by M嬢 at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 青島┗ 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

ピンクの手紙

私はピンクが好きだ。
寝る前にはいつもピンクの呼吸法をして
常にアンチエイジングを心掛けている
一生懸命、そして必死な三十代…

※ピンク呼吸法
部屋いっぱいに鮮やかなピンク色をした空気がある感じをイメージしながら
それを吸い込んで全部身体に取り入れ、逆に身体にある毒素を黒い空気として吐き出す呼吸法。真偽の程は定かでは無いがイメージトレーニング法の一つ。
ピンクの服をずっと着ていれば肌の細胞が若々しくなり逆に黒い服を着ていれば老けるのも早いと言われます。

だからという訳ではありませんがワタクシはピンクの服をけっこう持っている方だ。
「ピンク色の服が似合うと思う女性有名人ランキング」ですって?


誰よ一体?対抗するわよ?


一位「林家パー子」



それはさておき、

仕事で山東省莱陽市を通った際に、運転手さんと
「喉かわいたな〜。水買いましょ!水!」と国道沿いのよろず屋に入る。
ミネラルウォーターもさながら、他に何売ってるんやろか〜
美味しいチョコとかあるかいな〜と店内を物色している内に

「わっ!カワイイ!」と思わず衝動買い。

ピンクの手紙

こんなトイレットペーパーてあり得ない!カワイすぎ!お尻からピンクで責めちゃう?
12個入って15元くらいだったと思います。うん、高くないし。
帰って会社のコに自慢すると…皆、大笑い。

「今時誰もこんなん使わないよ〜コレ田舎の人しか使わないよ〜」

むむ。そういや青島市内で絶大な市民権を得ている買物スポット
「JUSCO」「カルフール」等では売ってるの見た事ないな…
ま、いいじゃん。カワイイし。←これで許せるのだ。やはり人間も物も見かけは大切ね。

ピンクの手紙

て、コレ切るのが大変…

繊維の方向間違ってない?
むっちゃゴワゴワしててお尻痛いっちゅーねん!
おまけに分厚い上に二枚重ねやし!
乙女のお尻はデリケートなのよ!?

という事で
まず半分に割く→切る→一枚ずつ使う。という節約方法でなんとか乗り切っております。
でもなかなか減りませぬ。(笑)

名前はカワイイんですけどね。「桜花」
ピンクの手紙
posted by M嬢 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 青島┗ 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

年末年始 in 上海

今更日記ですが、年末年始に上海に行きました。
日本から着た友達は東方航空で10万以上かかったとの事…
外灘(バンド)からパイナップルにしか見えないウエスタンを望む。
やっぱ三脚は必須ですね…

年末年始 in 上海
ここを歩くと上海は美しい、と思います。
租界時代の面影を残す建築物が沢山。んでライトアップされた夜景は素晴らしい。
古き良きオールド上海をフィーチャーしてるのは良き事です。
但しライトアップは22:00迄との事。
以前、同じく日本から来た知人を連れていったら時間オーバーしていて
真っ暗で「ん?こんなもん?…」と肩を落として帰っていかれました。

年末年始 in 上海
意味も無く回転扉。

年末年始 in 上海
お約束。美しい…

正月ですのでちょっと奮発してグランドハイアット上海に泊まってみました。
やっぱり高いだけの事はアリ。とはいっても二人で2,250元は安い。
ちなみに前日は上海大厦(ブロードウェイマンション)二人で568元。
泊まるだけなら充分なホテル。もっとアンティークかと思ったけど。

年末年始 in 上海
文字が素敵♪

年末年始 in 上海
お茶グッズも素敵♪

ホテルに入ったら、まず「家政婦は見た」の市原悦子の如く、
バスルーム&アメニティ&お茶グッズ&冷蔵庫&バスローブ&タオルの質etcをチェックする人は多いと思うのですが如何でしょうか。もちろん冷蔵庫のモノなんて高くって飲んだことないけど。

年末年始 in 上海
バスルーム。シャワーとバスが分かれてるのは今時の常識なんですね。
でもシャワーがなかなか出ずに困った。ここで中国という事を思い出す。

感動したのがクローゼットが両開きになっている事。
入ってすぐの扉と反対側、バスルームからも開けれるようになっているのです。
なーんて便利。

年末年始 in 上海

そうこうしているうちにNew Year Partyの準備が。
ハイアットは金茂大厦の53階から87階をホテルとして使っており、56階から87階までは名物の吹き抜け。
もちろん自分の階にしか行けないセキュリティカード有り。

そしてPartyは有料とあって特に「わーい!キャー!」と騒ぐつもりの無い、冷めた女二人組はルームサービスをとって大人しく…するのも腹が立つので最上階のバーに行って参りました。建築物のワイヤーが邪魔になってガラス張りとはいえどもあんまり感動しませんでした。しかし、とりあえずはシャンパンで乾杯〜♪ いや厳密に言うとベリーニだ。ま、いっか。
お酒って美味しい。

年末年始 in 上海
上海に乾杯。

posted by M嬢 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行┗ 中国:上海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。